虫歯治療はお早めに

虫歯とは、歯垢(プラーク)に棲みつく虫歯菌が糖分を摂取して酸を排出し、その酸によって歯が溶ける病気のことを言います。虫歯になる原因には、他にも「歯質」や「時間」が関係しており、栄養不足の歯であったり糖分が長く口の中にとどまっていたりすると、虫歯になりやすくなります。虫歯は一度かかると自然治癒はしません。以下で虫歯の進行段階を知り、早期発見・治療に努めましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

当院の虫歯治療への取り組み

当院の虫歯治療では、「痛くない・怖くない」治療のご提供を常に心がけています。できるだけ痛みを抑えられる器具や方法を選択していきますので、リラックスして治療を受けられます。歯医者に対するマイナスイメージは捨てて、お気軽にご来院ください。

【虫歯マメ知識】

虫歯マメ知識

虫歯菌は、口の中に残った食べ残しや磨き残しなどに含まれる糖分を分解して酸を排出し、歯を溶かしていきます。この状態は口の中に虫歯菌がいる限り続くものです。虫歯にならないようにするためには、虫歯菌の数を減らすことが必要。そのためには口腔内の清掃、つまりは予防がもっとも重要になってくるのです。

虫歯に対するもっとも有効な手段は予防です

  • TO PAGE TOP

子どもの歯を守りましょう

小児歯科の重要性

お子様の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて虫歯になりやすくなっています。しかも、お子様は自分で十分な管理が行えないため、痛みや不快感に対してどう対応すればいいのか判断できません。お子様がいつまでも健康な歯を維持するためには、親御さんがどれだけケアをしてあげるかが重要。「乳歯はどうせ抜けるから」と安易に考えず、今日から適切なケアを始めましょう。

小児矯正について

顎の成長が完了していないお子様は、ささいな癖などによって歯並びや咬み合わせに乱れが生じやすくなっています。しかしその分、小さい頃から矯正治療を行うことで治療効果が現れやすいとも言えます。お子様の歯並びや咬み合わせで気になることがございましたら、お早めにご相談ください。

【子どもの虫歯マメ知識】

子どもの虫歯マメ知識

「虫歯は遺伝するの?」という疑問を持つ方がいらっしゃいますが、虫歯自体は遺伝する病気ではありません。しかし、歯の溝の深さや顎の骨格などは遺伝的影響を受けると考えられており、歯の形などが原因で虫歯が起こりやすくなることを考えると、虫歯リスクは遺伝と関係があると言えるでしょう。また、両親が甘いものをよく食べていると、子どももそれを食べる機会が多くなり、虫歯になりやすくなります。

実は、生まれたての赤ちゃんのお口の中にはもともと虫歯菌はいません。お箸やスプーンを共有することで、大人の口の中に棲む虫歯菌が移ってしまうのです。

お電話でのお問い合わせ 0423884182

インターネット診療予約

  • TO PAGE TOP