審美歯科で美しさと機能の改善を

審美歯科というと見た目の美しさだけを追求した治療をするものだと思われがちですが、同時にものをしっかり咬むといった歯の機能向上を目指すのも審美歯科の目的の一つです。見た目だけでなく硬度にも優れた歯科素材を用い、銀歯を白い歯に替えたり、欠けた箇所を補ったりします。

白い歯や整った歯並びは、あなたの顔立ちや印象をアップさせます。きれいな白い歯や整った歯並びを手に入れて、さらに輝く笑顔を手に入れませんか?

審美歯科ではそのほとんどが自費診療です

保険診療では、使用できる素材・治療法に制限があり、最低限の機能回復のみが重視され見た目や快適性は考慮されていません。一方、自費診療では素材・治療法に制限がなく、機能だけでなく見た目や快適性も重視され、理想的な口腔内が手に入ります。そのため、審美歯科での治療のそのほとんどが自費診療になるのです。自費診療となると治療費が全額負担となりますが、費用に見合った治療結果を得られると言えます。

審美素材の比較

素材 特徴
ジルコニア
(インレー・クラウン)
金属よりも硬く、美しい見た目を再現する素材です。どの部位の歯にも使用できます。
オールセラミック
(インレー・クラウン)
白く強度の高い素材です。天然歯のような色味や透明感があります。
メタルボンド
(クラウン)
金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。金属による高い強度を維持できます。
ハイブリッドセラミック
(インレー・クラウン)
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材です。天然歯に近い見た目が得られますが、経年と共に変色することがあります。

症例紹介

エステニア

金属の部分を歯の色に合ったものに置き替えます。

メタルボンド

セラミック(陶材)などを使用した審美的な治療です。長期間、変色しない白い歯です。

【審美歯科マメ知識】

審美歯科マメ知識

審美歯科による被せ物を長持ちさせるには、日々のセルフケアが重要です。特に就寝前は念入りにブラッシングを行い、デンタルフロスや歯間ブラシなども併用しましょう。そして、定期的に検診を受け、咬み合わせが変化してないかチェックしましょう。歯ぎしりやくいしばりのある方はナイトガード(マウスピース)の装着をおすすめします。

  • TO PAGE TOP

歯を削らずに歯を白くするホワイトニング

ホワイトニングとは、専用のジェルを歯に塗布して安全に歯を白くする方法です。歯を削ったり審美素材を貼ったりする必要がなく、芸能人や若い女性を中心に人気が高まっています。

小金井歯科クリニック秋のホワイトニングキャンペーン

ホワイトニングコース

オフィスホワイトニング

特徴

歯科医院で行うホワイトニング。高濃度ジェルを塗布し、光線を当てて歯を白くします。

メリット

1回の処置で効果を実感できる。

デメリット

色戻りが早い。

費用

20,000円(+消費税)
ホームホワイトニング

特徴

自宅で行うホワイトニング。低濃度ジェルを専用トレーに入れて、1日2~8時間歯に装着して、徐々に白くしていきます。

メリット

自宅で好きなときに行える。色戻りしにくい。ジェルの刺激が少ない。

デメリット

効果を実感できるまで時間がかかる。

費用

30,000円(+消費税)
デュアルホワイトニング

特徴

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法。それぞれのメリットを生かせるため、即効性・持続性に優れています。

費用

40,000円(+消費税)

ホワイトニングに関するQ&A

ホワイトニングに使うジェルは体に影響はありませんか?

ホワイトニングジェルの安全性は、ホワイトニングの本場アメリカでも学会で証明されています。歯科医師の指導通りに使用している限り、安全にお使いいただけます。

ホワイトニングで必ず歯を白くできますか?

個人差はあるものの、ある程度は歯を白くできます。ただし、入れ歯や差し歯などの人工歯には効果がありません。また、神経を抜いた歯や加齢に伴う変色などに対しても希望通りの白さが得られない場合があります。

ホワイトニングの効果はどのくらい続きますか?

個人差はありますが、一般的にはオフィスホワイトニングで3~10か月、ホームホワイトニングでそれよりもう少し長くなります。

初めてホワイトニングをして数週間経ちますが、色が戻っているような気がします。

初めてホワイトニングを行った場合は、比較的色戻りしやすいです。何度か処置を繰り返すと白さが定着してきます。

オフィスホワイトニングを数日続けて行うと、より高い効果がありますか?

オフィスホワイトニングは毎日行ってもあまり効果はありません。2週間程度間隔をあけて、3回ぐらい繰り返すともっとも効果的です。

白さを長持ちさせるためにはどうすればいいでしょうか?

着色しやすい飲食物(コーヒー、ワイン、カレーなど)、喫煙、うがい薬、マウスウォッシュをなるべく控えると、白さを長持ちさせられます。

【ホワイトニングマメ知識】

ホワイトニングマメ知識

よくクリーニングとホワイトニングを混同される方がいらっしゃいますが、この2つはまったく別物。クリーニングは歯の表面に付着した汚れを落とす目的で行うものであり、施術後は歯が白くなったように感じたとしても、歯そのものを白くはできていません。一方、ホワイトニングは歯そのものを白くする処置で、本来の色よりも白くできます。

  • TO PAGE TOP