歯並びや咬み合わせを正す矯正歯科

矯正とは、乱れた歯並びや咬み合わせを正す治療です。専用の装置を用いて歯や顎の骨をゆっくり動かし、きれいな歯並びと咬み合わせを取り戻します。当院の矯正治療は専門の歯科医師が担当いたしますので、難症例にも対応可能。歯並びや咬み合わせが気になる方は、どうぞお気軽にご相談ください。

小児矯正・成人矯正について

「矯正治療は子どもの治療では?」とお考えの方もいらっしゃるようですが、矯正治療に年齢制限はありません。顎の成長が完了していない子どものうちから矯正治療を行うと、治療期間が短縮できたり費用が抑えられたりといったメリットがありますし、大人になってから矯正治療を行うと、顎の成長が完了しているため治療計画を立てやすいといったメリットが。また、装置の見た目を気にする方もいらっしゃると思いますが、目立ちにくい装置もあるので気兼ねなく治療をお受けいただけます。

矯正専門医:北村 良平

H17年
東京医科歯科大学 卒業
H22年
同大学 顎顔面矯正分野 退局
H23年
日本矯正歯科学会 認定医

不正咬合の種類

八重歯(叢生・そうせい)

八重歯(叢生・そうせい)

小さい顎と大きい歯による不調和で歯がでこぼこに生えた状態です。ブラッシングしにくく、虫歯や歯周病になりやすいです。

出っ歯

出っ歯

上顎や上の歯が前に飛び出た状態です。下顎が引っ込んでいるケースも考えられます。

受け口

受け口

上下の歯の咬み合わせが逆になっている状態です。

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間に隙間があいている状態です。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯で咬んでも前歯が咬み合わない状態です。指しゃぶりや口呼吸を続けることなどが原因で起きるとされています。

【矯正マメ知識】

矯正マメ知識

従来に比べてよく咬まなくても食べられるやわらかい食べものが増えたため、現代の日本人の多くは、歯の大きさに対して顎が小さい傾向にあります。顎が小さいことで歯がきれいに並びきらずに歯並びが乱れてしまうのです。そのため、矯正治療では顎のスペースに歯がおさまるように抜歯をすることで、良い矯正結果をあげる場合もあります。

お電話でのお問い合わせ 0423884182

インターネット診療予約

  • TO PAGE TOP