歯周病は生活習慣と密接な関わりがあります

歯周病は、歯垢(プラーク)や歯石の中に潜む歯周病菌が原因で起こります。ブラッシングが正しく行えていないことにより歯周病菌が増殖し、毒素を排出して歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を静かに破壊していきます。

歯周病は知らない間に進行して最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。歯ぐきが腫れる・出血するといった症状が現れたら、早めに当院までご相談ください。

まずは自分で歯周病チェック

以下に挙げるような症状が一つでもある場合は、歯周病にかかっている可能性があります。早めに歯科医院に行って対処しましょう。

歯周病の治療方法

プラークコントロール(ブラッシング)

プラークコントロール(ブラッシング)

炎症の原因になっている歯周病菌の温床である歯垢(プラーク)を適切なブラッシングにより除去し、症状の進行を食い止めます。初期の歯周病では、プラークコントロールのみで治癒が期待できます。

PMTC

PMTC

PMTCとは、歯科医院で行う歯のクリーニングのことです。日々のブラッシングでは落としきれない汚れをきれいに落とします。

スケーリング・ルートプレーニング

専用の器具を用いて歯周ポケット内部の歯垢(プラーク)や歯石を除去すると同時に、歯の表面を滑らかにします。そうすることで歯の表面に汚れが付着しにくくなり、予防にもつながります。歯ぐきに腫れがあると痛みを伴うので、通常腫れが治まってから行う処置です。

スケーリング

スケーリング

ルートプレーニング

ルートプレーニング

【歯周病マメ知識】

歯周病マメ知識

歯周病は口の中だけではなく、全身にも悪影響を及ぼすことがあります。歯周病菌が血流に乗って全身に運ばれることで、体の色々な部分にトラブルを引き起こすことがあるのです(例:心筋梗塞、心内膜炎、脳梗塞、肺炎、糖尿病、早産など)。

また、タバコは免疫力を低下させ歯周病にかかりやすくしたり、血行を悪くし炎症や腫れといった歯周病の症状を現れにくくしたりすることがあるため、症状に気付いたときにはすでに手遅れの状態に陥りやすいと言われています。できるだけ健康な歯を維持していくには禁煙することも大切です。

歯周病は予防できる病気です症状が現れる前に定期的に歯科医院でチェックし、予防に努めましょう

  • TO PAGE TOP