口腔内の健康のために・・・予防・メンテナンス

北欧などの予防先進国では、80歳以上の方でも平均20本以上の歯を維持できているそうです。一方、日本人の80歳の歯の残存本数は10本程度と言われています。本来歯は全部で28本ですから、20本程は失われていることになります。

歯を失う原因は主に虫歯と歯周病です。生涯にわたってご自分の歯を残すためには、虫歯や歯周病にかからないことが大切なのです。虫歯や歯周病は治療することはできますが、一度ダメージを受けた歯は元には戻りません。日頃から予防を意識して健康な口腔内環境を保ちましょう。

歯のクリーニング・ブラッシングについて

虫歯や歯周病は原因が細菌であることがはっきりしています。つまり、ご自宅や歯科医院でケアをすれば予防できる病気なのです。特に大事なのは、正しい方法で毎日ブラッシングすること。当院では患者様の口腔内の状況に合わせて適切なブラッシング法を指導しております。

定期的に検診を受けましょう

毎日どんなに丁寧にブラッシングしていても、どうしても除去しきれない汚れはあるものです。そんなときに有効なのが定期検診。病気の早期発見・治療をすることができ、生涯にわたって口腔内環境を守ることにもつながります。特に治療後は油断しやすいもの。一度治療したからと安心せず、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けましょう。

【予防マメ知識】

予防マメ知識

だ液には細菌の繁殖を抑える働きがあります。そのため、だ液の分泌が少なくなる夜間(就寝時)は特に細菌が繁殖しやすくなり虫歯や歯周病にかかりやすくなると言えます。口腔内のトラブルを防ぐためには、寝る前にしっかりとケアをすることが大事。また、口腔内の渇きを感じたらこまめに水分を取る、食事の際にはよく咬むなど、普段の生活でもだ液の分泌を促す工夫をすると良いでしょう。

お電話でのお問い合わせ 0423884182

インターネット診療予約

  • TO PAGE TOP